トップページ> イベント情報検索
イベント情報 イベント検索
霧に包まれた古墳の謎−大王(おおきみ)の時代と三次盆地−
 平成30年度 秋の特別企画展

霧の海で有名な三次盆地は、約4000基もの古墳が集まる中国地方有数の古墳密集地帯として知られています。内陸の盆地に、なぜこれほど多くの古墳が築かれたのでしょうか?
 古墳が築かれた「大王の時代」を語るに欠かせない“軍事”“渡来文化”などのキーワードをヒントに、広島県のほか各地から発見された資料を紹介しながら、三次の古墳の謎に迫ります。

【展示説明会】10月21日(日)、11月18日(日)14:00-15:00
講師:広島県立歴史民俗資料館職員

開催期間 2018/10/ 5(金) 〜 2018/11/25(日)
時間 9:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、ただし10月8日(祝)は開館し、翌日10月9日(火)が閉館
開催場所 広島県立歴史民俗資料館・広島県立みよし風土記の丘
開催場所 住所 三次市
小田幸町122
交通手段 [バス]JR芸備線三次駅から備北交通廻神経由敷名行で15分、風土記の丘下車(日・祝運休)
[自家用車]中国自動車道三次インターチェンジから10分(約4.8辧
入場方法・料金 一般500円(400円) 高・大学生380円(300円) 小・中学生250円(200円)
※( )は20名以上の団体料金
問い合わせ先 みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)0824−66−2881
ジャンル その他