トップページ> イベント情報検索
イベント情報 イベント検索
尾道市立美術館コレクション展―描かれた尾道水道
 

尾道市立美術館のコレクションは、昭和55年(1980)の開館に始まり、以来尾道市名誉市民の洋画家・小林和作の作品を中心に形成。この小林和作を核に、親交のあった日本画家・森谷南人子、尾道ゆかりの作家で構成されている。
今回は「描かれた尾道水道」をテーマに、中根寛が描いた大作『尾道眺望』を皮切りに中村琢二、中川一政など有名作家、そして小林和作の制作の秘密を知ることのできる水彩画・日本画・油彩画による尾道風景の連作などを展示。また、新収蔵品として加わった歌川貞秀「西国名所之内 十六 備後尾の道浄土寺山」にも尾道水道を見ることができる
その他の新収蔵品として、コロナ禍の中、かわぐちかいじさんが描いた地域振興商品券「チーム尾道 頑張ろう応援商品券」のイラストの原画2点を紹介
尾道市立美術館所蔵の作品の中からアーティストがこよなく愛した尾道水道を描いた作品の数々を中心に紹介する

開催期間 2020/11/21(土) 〜 2021/ 1/17(日)
時間 9:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日は開館)、年末年始(12/29〜1/3)
開催場所 尾道市立美術館
開催場所 住所 尾道市
西土堂町17−19
交通手段 JR山陽本線「尾道駅」から、東行きバス(“屬里蠅弌砲如崢更掌」下車、ロープウェイで「千光寺公園」へ。
JR山陽本線「尾道駅」、JR山陽新幹線「新尾道駅」からタクシーで約15分。
入場方法・料金 一般310円 高・大生210円 中学生以下無料
※70歳以上・各種手帳をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料
問い合わせ先 尾道市立美術館 0848−23−2281
ジャンル 美術