トップページ> ひろしま神楽
ひろしま神楽

広島県は年間30 本を超える共演(競演)大会が開催されるほど「神楽」が盛んな地域です。地域の人々によって受け継がれてきた特色あふれる「神楽」は、大きく5つに分けることができます。
ひろしま神楽
芸北神楽
芸北神楽
江戸時代の終わり頃に伝わった石見地方の神楽が、芸北地方で独特の神楽として展開したもので、広島県の神楽では最も新しい神楽。「新舞」と「旧舞」と呼ばれる華麗な鬼退治の舞が発達している。
比婆荒神神楽
比婆荒神神楽
旧比婆郡内(現庄原市)とその周辺の一部地域で行われている。岡山県の備中神楽の影響を受けているが、中世の伝統を残す広島県独自の神楽。国の重要無形民俗文化財の指定を 受けている。
安芸十二神祇
安芸十二神祇
広島市・廿日市市・大竹市など瀬戸内海沿岸部で行われている神楽。芸北地域にあった古い神楽が、江戸時代の終わり頃からこの地域に広まった。「将軍舞」や「荒平舞」など、全国でも珍しい貴重な神楽を伝えている。
芸予諸島の神楽
芸予諸島の神楽
瀬戸内海の島々とその沿岸部で行われている神楽。瀬戸内水軍の活躍を彷彿させる勇壮な神楽を伝えている。尾道市では、藁人形を遊ばせる全国唯一の神楽をはじめ多くの興味深い神楽が行われている。
備後神楽
備後神楽
比婆荒神神楽を除く備後地方と、安芸の一部にまたがる広い地域に分布。「弓神楽」や「五行祭」など歌や語りを味わう神楽や、古い形の能舞や愉快な新作能が地域の祭礼で奉納されている。
日付 タイトル 場所
2018/ 1/21(日)〜
2018/ 1/21(日)
第一回三次市神楽共演大会 三次市民ホール
2017/12/10(日)〜
2017/12/10(日)
あさみなみ伝統神楽公演 広島市安佐南区民文化センター
2017/11/26(日)〜
2017/11/26(日)
第27回 神楽祭 広島市佐伯区民文化センター
2017/11/26(日)〜
2017/11/26(日)
平成29年度「実演!広島市内神楽団 神楽」 国民宿舎 湯来ロッジ(広島市佐伯区湯来町大字多田2563−1)
2018/ 3/11(日)〜
2018/ 3/11(日)
2018年度道の駅舞ロードIC千代田神楽の日(3月) 道の駅舞ロードIC千代田レストラン響(山県郡北広島町有田1122)
もっと見る
神楽を取り扱った外部サイトを紹介します。