トップページ> 施設情報検索
施設情報 施設検索
     1〜10件を表示します。(該当16件中)
ジャンル 地域 施設名 施設内容
その他 尾道市 島ごと美術館 「文化の薫る町 瀬戸田」にふさわしい、島まるごと美術館 瀬戸田を歩いていると、いたるところに野外彫刻を見つけることでしょう。 風を受けて自然に動く帆のような彫刻、楽器の形をした彫刻、ちょっとのぞいてみたくなるような形をした彫刻。 これは、島をまるごと美術館にという発想のもと、著名な美術評論家から推薦をいただいた作家による野外彫刻です。 サンセットビーチなど設置場所は作家自身が選び、そこからイメージして作られた作品は、現在17点あります。
博物館・資料館 尾道市 耕三寺博物館 コレクションは「仏教美術」「茶道美術」「近代美術」の三分野に分けられ、ほかにも、考古美術、神道美術、なども収蔵。 「宝冠阿弥陀如来坐像」、「唐花鴛鴦八陵鏡」、「佐竹本三十六歌仙 紀貫之」など17点の重要文化財及び39点の重要美術品を含む総数2000点を超える。 収蔵品は、仏教美術を金剛館に、近代美術を法宝蔵に、茶道美術を僧宝蔵に展示し、金剛館では年数回企画展を行う。
多目的 尾道市 因島市民会館 照明・音響・映像設備を完備した多目的ホール。 音楽コンサート、バレエ、オペラ、演劇の上演など幅広いりようができる。
ホール 尾道市 ベル・カントホール 「ベル・カント」とはカンツォーネの歌唱法「ベルカント唱法」からくるイタリア語で「よく響く美しい歌声」という意味。 平均残響時間2秒。音響効果に配慮がなされた純粋な音楽ホールです。 ホール座席は646席。どん帳は、瀬戸田町出身の日本画家、平山郁夫画伯による原画をもとに製作された「瀬戸田曼荼羅」。 プロセニアム型ホール。可動式音響反射板。 ピアノ:ベーゼンドルファー
多目的 尾道市 しまなみ交流館 本格的な演劇も上演可能な多目的ホール。 ピアノ発表会、コンサート、講演会、演劇、バレエ、映画などに幅広く利用されている。
美術館 尾道市 尾道市立美術館 温かな瀬戸内の風景の中で、香り高い本物の芸術・文化に接することのできる美術館。 瀬戸内の遠景が一望できる千光寺公園内に建つ美術館。現在の建物は安藤忠雄氏の設計によりリニューアルしたもので、郷土ゆかりの洋画家・小林和作や日本画家・森谷南人子らの作品を多く収蔵しています。 企画展の中でそれらのコレクションを紹介し、多様な尾道の魅力に触れることができます。
多目的 尾道市 尾道市民センターむかいしま文化ホール 公民館、兼図書館および市役所支所と併設されたホール
多目的 尾道市 尾道市公会堂 芸術・文化活動をはじめとして幅広い利用ができます
美術館 尾道市 平山郁夫美術館 平山郁夫美術館は、日本画家・平山郁夫の生地に建つ美術館です。画家の幼少期の作品から現代の最新作に至る幅広い展示を行っています。特に、大下図(作品制作の過程で描かれる、本画と同じ大きさの最終的な下絵)を多数所蔵し大下図の公開によって作品が生み出される軌跡を紹介しています。故郷・生口島の風土がいかに画家の感性に影響を与えたか、いかにして画家となったかを知っていただきたいと考えています。
多目的 尾道市 尾道市御調文化会館 町民の教養、文化及び生活福祉の向上をはかるための施設です

前ページ  1    次ページ