トップページ> 施設情報検索
施設情報 施設検索
     11〜20件を表示します。(該当26件中)
ジャンル 地域 施設名 施設内容
美術館 廿日市市 はつかいち美術ギャラリー 廿日市市役所と文化ホールさくらぴあ・市民図書館と併設されている「まちの小さな美術館」です。 美術を身近に楽しんでいただけるようにとの思いから造られました。
美術館 熊野町 筆の里工房 心の風に筆が舞う 筆の里工房 筆を中心に文房四宝(筆、墨、硯、紙)といわれる用具としての広がりや、テーマ・題材としての自然観・美意識、さらには今日では見失われつつありながらも生活の中に色濃く残る毛筆文化や、筆により表現される美の世界等々、筆と筆により生み出される世界の広がりを紹介します。
美術館 三次市 奥田元宋・小由女美術館 奥田元宋・小由女美術館は、日本画家・奥田元宋と人形作家・奥田小由女の夫婦の名を冠した美術館です。 奥田元宋・小由女夫妻の作品を収集・保管・展示公開し、その業績を広く顕彰するとともに、地元ゆかりの芸術家の紹介、また国内外の優れた美術作品や日常に見え隠れする芸術・文化を紹介する特別企画展覧会を実施します。
美術館 尾道市 平山郁夫美術館 平山郁夫美術館は、日本画家・平山郁夫の生地に建つ美術館です。画家の幼少期の作品から現代の最新作に至る幅広い展示を行っています。特に、大下図(作品制作の過程で描かれる、本画と同じ大きさの最終的な下絵)を多数所蔵し大下図の公開によって作品が生み出される軌跡を紹介しています。故郷・生口島の風土がいかに画家の感性に影響を与えたか、いかにして画家となったかを知っていただきたいと考えています。
美術館 廿日市市 海の見える杜美術館 2005年にリニューアルオープンした当館は、安芸の宮島を見晴らす広島県西部の風光明媚な山間にあり、自然・人・文化の融和をテーマに設けられた美術館へのアプローチ「杜の遊歩道」は、季節ごとに美しい花が咲きそろう憩いの場として好評頂いております。また当館では、100年ぶりに発見された竹内栖鳳の大作「羅馬之図」をはじめ、本画はもとよりスケッチ類などの学術的価値の高い資料を総合的に収集し、栖鳳門下の俊英たちの作品も豊富に収蔵しております。また、「伊勢物語絵巻」「源平盛衰記」に代表される奈良絵本絵巻や絵巻、浮世絵版画などを所有。さらに中国蘇州版画のコレクションは質・量ともに高い国際的評価を得ております。
美術館 尾道市 圓鍔勝三彫刻美術館 日本を代表する彫刻家圓鍔勝三の彫刻作品を展示している。 圓鍔勝三彫刻美術館は、圓鍔記念公園にあり、野外モニュメント6体が散策道に沿って設置されている。館内には、日本彫刻界の巨匠で、文化勲章受賞者、圓鍔勝三の彫刻作品を保存、展示している。 圓鍔芸術は、木彫を主流としながらも様々な素材を使っているのが特徴である。 作品は、夢とロマンに溢れ、たえず平和を希求する心と生きることへの愛着が表れている。
美術館 呉市 蘭島閣美術館 蘭島閣美術館は、下蒲刈島という古い歴史に支えられ、豊な自然にはぐくまれた瀬戸内の島にある美術館です。木造建築のユニークな建物では、誰もがくつろげる落ち着いた風情を感じることができます。所蔵作品は約2200点あり、日本を代表する著名な作家や、広島にゆかりのある作家を展示し、皆様にご紹介しています。2011年で開館20周年を迎える当館は、芸術を愛する方々の憩いの場となり、安らぎや豊かさを実感できる美術館をめざし日々様々な展覧会を開催しております。
美術館 三次市 三良坂平和美術館 絵画を通して平和を訴え続けた、三良坂町長田出身の洋画家 柿手春三氏の作品を常設展示する美術館。 また、企画展示室では、年6回〜7回の特別展を開催。県内外で活躍する作家の絵画、彫刻、書などの作品を幅広く紹介。また、隣接する平和公園では、ワークショップなども開催
美術館 三次市 美術館あーとあい・きさ “ほっ”と一息つける美術館です。 本町出身の日本画家奥田元宋、人形作家小由女ご夫妻の作品を常設展示しています。 また町内外に芸術作品の発表の場を提供するとともに、心やすらぐ場として多くの皆さんに親しまれています。 ※年数回、企画展を開催。
美術館 尾道市 なかた美術館 フランスの具象画家ポール・アイズピリの作品をはじめ、エコール・ド・パリを中心とした個性豊かなフランス近代絵画、尾道ゆかりの小林和作、「絵のまち尾道四季展」招待作家達の作品などを所蔵。多彩な所蔵品をテーマ毎に展示するコレクション展のほか、特別展やミュージアムコンサートも開催。また併設されたフレンチレストランで食事を楽しんだり、彫刻が点在する回遊式庭園を散策することができる。

前ページ    2    次ページ